子どもの歯が生えてこない?不安に感じた時は歯医者へ行こう

>

歯肉が厚すぎて生えて来ることが出来ない

埋伏歯とは一体何か?

簡単に言うと、歯肉の中に歯自体が全て埋まっている状態はまたは、一部が歯の内部に埋まっている状態の事を指します。
その為、このような歯が子供に見られると歯が中々生えて来ない状況になっている事が多いのです。
その埋伏歯が邪魔をしたりして、生えるべき歯が生えられなくなり、口が開けづらい、顔の一部が腫れてしまったりと何らかの影響が出て来てしまう事があります。

また、虫歯にもなりやすくなり生えてもすぐに、抜歯をしないといけなくなったりします。
永久歯が歯肉の中に埋まっているままだと、将来的に顔の歪みの原因になったり、炎症が起きて膿んでしまったりする事もあるので注意が必要です。
細菌に感染してしまったり汚れが溜まりやすいので、心配であれば歯医者で一度歯磨き指導を受けるのも良いと思います。

その対処方について

すぐに抜歯をするわけではありません。
前の記事でも説明したと思いますが、経過観察をしたり問題が見られないようであれば無理に埋伏歯を抜歯したり治療せずに、そのままにしておく事もあります。
埋伏歯は、先天的な欠如が原因と見られているので、多くの子供達が必ずなるわけではないので心配する事はありません。

痛みや噛み合わせに問題がなければ例え、埋伏歯があったとしてもそのままの状態にしておいても良いと思います。
噛み合わせに問題があるようであれば、歯肉の中に完全に埋まっているのなら、手術をして抜歯する事になりますが、麻酔を使用するので、子供の場合だと麻酔の関係もあって中々すぐには抜歯出来ないかもしれません。
なので、歯医者さんと相談して決めると良いと思います。