子どもの歯が生えてこない?不安に感じた時は歯医者へ行こう

>

先天性欠乏の可能性

歯と歯の間に隙間がある

噛み合わせが悪く顎の筋肉が弱体化している事が多い今の子供達ですが、多くの子供の共通する点と言うのは歯と歯の間に隙間が多いと言う事です。
その為、乳歯の内から隙間が出来始める為、次に生えてくる永久歯は本来の場所ではなくその隙間に生えてきてしまい、本来の場所とはズレている為、歯並びが悪い子が目立ちます。

歯が中々生えてこない理由として隙間が多い為、歯自身がどこに生えて良いのか分からなくなり、生える準備は整っているのに、生えるのを子供の脳自身が指令を出して良いのか迷っているみたいです。
なので、隙間を埋めるには、前の記事でも説明したと思いますが、矯正をして歯と歯の隙間を埋めて歯並びを綺麗にするしかありません。

乳児の場合には?

特に、乳児の場合でも歯と歯の隙間が大きく空いている子がいますが、乳児の内は、顎の骨や筋肉が発達段階にあり、無理に矯正をしたりしてしまうと、痛みに耐えられなくて泣いてしまう子やそれがストレスとなって病気になってしまう子もいます。

その為、矯正は乳児の内は考えずに、経過観察をして歯の生え方を歯医者さんと協力しながら見守る事が大切です。
小さい内からこまめに歯医者に通っている子の親も多いですが、小さい内の歯の隙間はあまり気にする事なく、成長する内に自然と埋まったりする事もあるそうなので、あまり慌てて悩む事はしなくても良いみたいです。
ですが、小さい内から歯医者に通い慣れているとその後に矯正をする事になってもスムーズに進むかもしれません。