子どもの歯が生えてこない?不安に感じた時は歯医者へ行こう

>

乳歯が邪魔している可能性もあります

乳歯がぐらついていない時

乳歯と言うのは下に存在している永久歯の影響を受けてグラグラしてきて自然と抜けるようになります。
ですが、中には年齢的に生え変わりが起こっても良い年齢になっているのにも関わらず、中々グラグラしない子供もいます。
そうすると歯肉の中にある永久歯が他の生える場所を探して移動して本来の場所ではない所に生えてしまうのです。

これは前の記事でも説明したと思いますが、最悪の場合、抜歯する事もあります。
欠損した状態になってしまうので、噛み合わせにも大きく影響を及ぼします。
中には噛み合わせを良くする為に、透明の歯を入れる入れ歯を入れている子供もいたりします。
自分の歯ではないので定期的にメンテナンスをしないと曲がったりしてしまうようです。

内側に永久歯が生えた場合

本来の場所とは違う位置に永久歯が生えてきてしまう事もあります。
特に、子供は発達段階にあり骨も大人と比べて柔らかい為、歯も生える場所を失ってしまうと移動をして変な所に生えてしまうのです。

あまりにも内側に生えてきてしまった場合には、最悪の場合、抜歯になるようですが、子供の内から抜歯はあまりおすすめしない事もあり、多くの歯医者では矯正と言う形を取る事で何とか正常の位置に永久歯を移動させるようです。
ですが、生え変わりの時期には見られる事が多いそうで、唇の動きや舌の影響により自然と正常な位置に永久歯を導く事があるみたいです。
多くのケースは経過観察と言う形で歯医者を訪れている事が多いですので、生え変わりの時期であればあまり気を落とす事はないと思います。